甘いものって、落ち着くのかな?

カルピスのうわさ(カルピスが鬱に効くって話題になったりしましたね、最近。)もありましたし、実際、憂鬱なときは、甘くて冷たい飲み物が気持ちよくしみわたる感じで落ち着きます。寒いときは、温かいカフェオレやココアもよさそうですが、頭をすっきりさせるには、冬でも冷たいのがよかったりします。猫舌なせいもある。

躁(軽躁?中躁?)でいい気になって、仕事を始めたはいいものの、10か月くらいで鬱転したとき。昼休みに先輩たちと外食をする元気がなくて、バランス栄養食お菓子みたいなのをさっと食べて済ませていました。1時間の昼休みは、当然、半分以上余ります。

ヒマなのでそこらへんをプラプラして、コンビニがあったので入りました。そこに、お徳用かりんとうがありました。袋にマチがついてて、自立しちゃうくらい、お徳用にたっぷり入っているやつです。なんか急に食べたくなって、買いました。ずっしりしていました。

それを抱えてコンビニを出て、即開封し、仕事場までプラプラ戻る途中、歩きながらモグモグガリガリ食べました。妙においしくて、止まらなくなって、全部食べてしまいました。

DSCF7924

ひどく憂鬱なときは、固形物を食べるのも面倒なので、飲み物が摂りやすいですが、最後の気力が残っているうちは、コンビニスイーツとか洋菓子を求めます。

気力もないときは、買いに行くのも面倒です。おみやげだよーと夫がシュークリームを買ってきてくれても(大好き)、クッキーシューは皮がボロボロするのが面倒、ふつうのシューは反対からクリームがはみ出るのがうっとおしい、なんて、贅沢かつ失礼なめんどくさがりかたで「んー、なんか気分じゃないからいい。息子と二人で食べてよ」と遠慮したりします。

DSCF7918

この間は、そこそこ元気だったので、↑のシュークリーム4つのうち2つを私が食べましたけどね。がつがつ。

食欲がないときは、少しだけ食べたいのですが、チョコレートひとかけ、と思うと、「かたくてめんどくさい」となってしまうので、ルマンドがいいです!

DSCF7915

この遠慮がちにコーティングされたチョコレート、少しモカっぽい香りの。これがいいんですよ~(ものすごく好みの問題)。そして、「ミニ」。ルマンドは、かじりつくと、中の薄皮がボロボロするのが唯一かつ甚大な欠点ですが、「ミニ」なら、一口で入ります。ボロボロ問題が一挙に解決です。お口の小さなかたには、すみません。

実際、甘いものってどうなんでしょう。糖質には依存性があって、アルコールやニコチンのようなもの。摂取してすぐは満足感があるけど、そのうちまた食べたくなってしまう。という話も聞きます。言われてみれば「確かに似ている」と、そんな感じもしてきます。どちらも心を甘やかします。

あの、大量に一気食いしてしまったお徳用かりんとうは、本当に本能のままというか、気がついたらやっていたという感じで、生きるために必要だったのかもしれないと思うほど、何のためらいもなく手を伸ばし、何のためらいもなく完食していました。

さすがに、あそこまで極端に甘いものを欲して自動的に食べてしまったのは、そのときくらいです。我ながらプチ異常行動といってもいいくらいで、もくもくとお徳用かりんとうの大袋を抱えて食べ歩くあの姿は、人が振り返ってもおかしくないくらい、鬼気迫っていたかもしれません。

しかも当時の私、躁明けでまだ、食べない・働く・歩きまくり、のせいで、だいぶひょろひょろ痩せていました。誰からも「細いわねー」「ちゃんと食べてるの」と言われるくらいで。そんな女が、かりんとう大袋食べ歩きですから。

その直後、仕事をクビになって在宅主婦になってからも、しばらくの間、甘いものに憑りつかれていました。8枚切りのパンをかりかりトーストにして、ピーナツバターやチョコクリームをびっしり、厚さ5ミリくらいまんべんなく塗って食べていました。もう、トーストはパンではなく、ピーナツバターを載せる板として機能していました。

割れチョコやミルクレープの切れ端、ロールケーキの切れ端などを集めたワケありお値打ち品を、合計2キロとか買ってきて、一晩で食べたこともありました。

そんなことしてたら、かりんとう事件のときより、25kgくらい増量したんですけどね!!(なんとかそこから10kgちょっと戻しました。まだもうちょっと減らしたい)

もともと、それほどスイーツ好きでもなく、洋菓子も月に1回くらいでいいかな、ドーナツはあぶらっこいから半分でいいや、和菓子は甘すぎて苦手だな。というくらいで、今はまたそんな感じに落ち着いています。だからあの、甘いもの甘いもの甘いものをくれーという時期は、やっぱり何かおかしかったのです。

ストイックに甘いものを制限するダイエットなんかは、安定しているときじゃないとダメだろうなーと思うのです。処方薬依存や、お酒依存を、断ち切った…とまではいかないけど、生活に支障のない範囲までに引き下げることには成功しましたが、甘いもの依存はもしかしたら、それ以上に手ごわいのかもしれません。

広告